生酵素222とslimfor(スリムフォー)を比較!効果に違いはあるのか?

酵素の力でダイエットできる生酵素222

生酵素222には、合計222種類の植物由来酵素が配合されています。具体的にはレモンやグレープフルーツ、パイナップル、さらにトマトやごぼうなどです。これらは普段の食事でも見かける食材ですが、222種類を毎日食べることは不可能です。しかも生酵素222は熱発酵を行わずに有効成分を作り出しているため、効率良く美容成分を摂取できます。さらに、それぞれの酵素の配合比率も研究されており、相乗効果で身体の内部から美しくなれます。最も効果が感じられるのが、基礎代謝の向上です。

生酵素222を目安を守って摂取することで、徐々に痩せやすい体質になります。また血流が改善されるためデトックス効果も期待でき、飲み続ければ、冷え症やむくみも改善されていきます。乳酸菌も添加されていますので、腸内環境も良くなって、自然なお通じが得られます。腸にある免疫細胞が活性化すると、病気に対する抵抗力も強くなります。また補酵素としてビタミンB1配合を配合してあり、糖質が効率良くエネルギーに変換されます。その他、エイジングケア効果の高いコエンザイムQ10や、脂肪の燃焼を促すLカルニチンなどが配合されていますので、健康的なダイエットが期待できます。

 

slimfor(スリムフォー)で痩せ体質

slimfor(スリムフォー)はただ体重だけを下げるのではなく、脂肪の燃焼に注目したサプリです。生酵素222にも、脂肪をエネルギーに変換するLカルニチンが配合されています。しかし特にお腹周りの脂肪が気になる人や、ぜい肉を効率良く落としたい場合には、このサプリの方がどちらかと言えば適しています。まず体脂肪率を下げるために、葛の花由来のエキスが高濃度で配合されています。このエキスには7種類のイソフラボンとサポニンが含まれており、身体に有害な活性酸素の除去に役立ちます。またイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用があり、加齢によるウエストのだぶつきなどを解消します。

サポニンには、脂肪が溜まりにくい身体にする効果が高く、継続して摂取することで、リバウンドのないダイエットが可能です。その他、サポニンには、血液中のコレステロールや中性脂肪の生成を抑える作用があります。そのため動脈硬化などの生活習慣病の予防にもなり、血糖値が気になる人にも適しています。免疫力を高める作用も優れているので、アレルギー性の疾患なども緩和します。これまでに副作用の報告はありませんが、念のため、妊娠中や授乳中の女性は服用を控えた方が安心です。

おすすめのサイトはここ→生酵素222は本当に効果あるの?口コミで評判だから試してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です